DVDコピーの依頼ってどうすればいいの?

DVDコピーを業者へ依頼したいけれど・・・どこの業者へ頼めばいいの?どんな業者がいいの? - DVDコピーソフトについて

DVDコピーソフトについて

あなたはソフトを使ってDVDコピーを行なったことがありますか。
今回はそのDVDコピーのソフトについて紹介していきたいと思います。
現在DVDコピーにはフリーのソフトが多くあります。
DVDのコピーならDVD Shrink、DVDからAVIファイルを作る人にはTMPGEnc、最近ではフリーソフトでも、クオリティの高い映像を作れるものが増えてきました。
しかし、フリーソフトには欠点があります。
それは能率が良くないということです。
フリーソフトに共通して言えることは作業スピードが遅いことと、設定がめんどくさいということがあります。
DVDのコピーはすぐにできる作業ではないため、それに加えて余計な事案がかかってしまいます。
やはり簡単且つスピーディーに越したことは無いので、金銭的に余裕がある人はフリーソフトではなく、市販で売られているものを使うことをお勧めします。
市販で売られているものは初心者でも使えるように作られているため、コピーを取る枚数が多い人にとっては必須のアイテムと言えるでしょう。
しかしこのコピーソフトは安いものではないので迷う人も多いと思いますが、簡単にコピーできること、ファイルを作ったりできることをスピーディーに行なえることを考えればそれほど高い買い物ではないと思います。
あなたもDVDコピーをする場合は、自分のレベルや費用対効果を考えて選ぶようにしてください。
あなたのコピーソフト選びのお役に立てれば幸いです。
あなたはコピーガードという言葉を知っていますか。
それはディスクのコピーを防ぐためのもので、コピーガードがしてあるものに関しては基本的にコピーをすることができません。DVDコピーの依頼を考えている方、DVDコピーでお困りではありませんか?日本ビデオサービスディスクズならすぐに見積もりをお出しします。ご利用ください。
yhrthrs
コピーガードされたDISCからデータを抜き出しての複製は違法
2012年10月1日からコピーに関する法律が改定され、以前よりも厳しく取り締まられるようになりました。
自分がDVDコピーをするということで気をつけることももちろんありますが、逆に自分が作ったディスクを法律的にガードしないとディスク中のデータを取り出し、大量コピーされてしまう可能性があります。
法律が厳しくなった今、それを少しでも上手くかわすためにたくさんの種類のソフトが出回っています。
なんとかしてコピーができてしまうように、逆に自分の身にも起こりうることだということを忘れないでください。
このコピーを防ぐためには高互換性を持ったリッピングソフトを使うことをお勧めします。
フォルダーコピーはもちろん主要なDVDリッピングツールや、BDリッピングツールを撃退してくれて、尚かつ極めて高い再生互換性を実現しているものを選びましょう。
普段はなかなか聞くことの無い言葉ですが、今後自分が関わる可能性がある言葉ではあるため、知っておいてくださいね。
法律が変わって厳しくなかったこと、今まではできていたけれど、今ではもう違法になったことには注意しておきましょう。
また、自分が被害に遭わないためにもきちんと準備をしておきましょう。